PUBLIC

手厚い行政サービスで子育てをバックアップ。手厚い行政サービスで子育てをバックアップ。

これから出産を予定されている方へ

江戸川区で出産される方を心身ともにサポートします。

江戸川区では、出産前の不安や悩みを専門職員が相談に乗ったり、
育児相談やお母さんの健康をサポートするなど、様々な取り組みを実施しています。

  • これから出産を予定されている方へ
  • 妊婦全数面接事業(ぴよママ相談)
    妊娠中の出産・子育て等に関する様々な不安や悩みを軽減し、安心して出産を迎えていただくため、保健師等の専門職員が妊婦の方全員に面談をする「ぴよママ相談」を行います。出産までに「ぴよママ相談」を終了された方には「ぴよママギフト」(こども夢商品券)をお渡しします。
    江戸川区に住所を有する妊婦の方。
    入院助産制度
    入院して分べんする必要があるにもかかわらず、経済的にその費用を支払うことが困難な方が助産を受ける制度です。
    ※申請・届出には必要書類のほか、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づく、本人確認が必要です。
  • 新生児訪問
    助産師又は保健師が訪問し、赤ちゃんの体重測定・授乳などの育児相談やお母さんの健康相談をお受けし、子育て支援情報をご案内します。江戸川区外の里帰り先で訪問を希望される方は、滞在先の市町村へご相談ください。 なお、出生時の体重が2,500グラム未満の乳児については、母子保健法第18条の規定により、低体重児の届出が必要です。それ以外の方も、育児で悩んだり辛くなったりした時は、健康サポートセンターに気軽にご相談ください。
    妊婦歯科健診
    妊婦さんを対象に健康サポートセンターでは、歯科健診を実施しています。
    江戸川区にお住いの、妊娠中の方ならどなたでも受けられます。

子供と一緒におでかけをするなら

様々な体験を通じて情操教育を促す支援施設。

篠崎エリアには、様々な体験を通じて情操教育を推進する子育て支援施設が点在。
施設を活用すれば、親子で楽しみながら自然と学びを身に付けることができます。

  • 共育プラザ南篠崎
    遊びを通して自主的な活動を援助、推進するプレイルーム。
    東京都江戸川区にある児童福祉施設です。館内には、子育てひろば、学習室、相談室、プレイルーム、創作室、談話室、ミーティングルーム、スポーツルーム、音楽室、屋上球技場を備えています。
    DATA
    江戸川区南篠崎町3-12-8
    電話:03-3678-8241
    開館時間:午前9時から午後9時(火曜日〜金曜日)午前9時から午後5時(土曜日・日曜日)
    休館日:月曜日・祝日・年末年始
    ※月曜日が祝日の場合は翌日も休館日となります。
  • 子ども未来館
    児童書の閲覧・貸出や、学び活動・探究活動をサポートする子育て支援施設。
    4万冊もの本が揃った“子どもライブラリー”と探究活動をサポートする“子どもアカデミー”の2つの施設からなる「子ども未来館」。保護者向けの育児本なども置いているので親子で読書を楽しむことも。
    DATA
    東京都江戸川区篠崎町3‒12‒10 電話:03‒5243‒4011
    開館時間:午前9時から午後5時
    定休日:アカデミー:月曜日・年末年始
    ライブラリー:第4月曜日と年末年始および図書整理期間
  • 子ども未来館

各種助成金について

安心して子育てできるよう、多彩な助成金をご用意。

妊娠時の健康診断を公費負担で審査できたり、お子様の医療費を助成したりと経済的なバックアップも充実。
安心して子育てできる制度が整っています。

  • 出産育児一時金
    被保険者が出産したとき、申請により1児につき42万円が世帯主に支給されます。
    一児につき420,000円
    ※妊娠12週(85日)以上であれば死産、流産及び人工妊娠中絶でも支給します。 ※他の健康保険に本人として1年以上加入し、退職後半年以内に出産した場合は、加入していた健康保険に申請できます(その場合、国保からは支給されません)。
    児童手当
    児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした、国の子育て支援策です。
    ※申請・届出には必要書類のほか、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づく、本人確認が必要です。
    支給額(1人あたりの月額)
  • 乳児養育手当
    1 歳未満の乳児を養育している家庭に支給します。(所得制限あり)
    妊婦健康診査
    都内契約医療機関において、妊婦健康診査の14回、超音波検査1回、子宮頸がん検診1回を公費負担で受診できます。(一定金額を助成するもので、病院・医院での指導内容や検査項目により、自己負担額が発生する場合があります) 詳しくは妊婦健康診査受診票冊子の「妊婦健康診査のご案内」をお読みください。
    出産費資金貸付制度
    国民健康保険に加入されている方に対して事前に出産費用が必要なときに、世帯主に出産育児一時金の8割(336,000円無利子)以内をお貸しする制度です。事前に予約が必要です。
    「直接支払制度」または「受取代理制度」を利用する場合は利用できません。また、保険料に滞納がある場合も、原則として利用できません。
    出産費資金貸付制度
  • 子ども医療費助成制度
    この制度は医療費を助成することによってお子さんの健やかな育成に寄与し、子育て世代への経済的負担の軽減を図ることを目的とします。 中学3年生までのお子さんが病院等の医療機関で健康保険証を使用して診療を受けたとき、医療費の自己負担分を助成します。 子ども医療証(マル乳医療証またはマル子医療証)を取扱う医療機関の窓口に提示することにより、保険診療の自己負担分を支払わずに受診できます。
    妊娠高血圧症候群等医療費の助成
    妊娠高血圧症候群等で一定の基準を満たし、前年度分の所得税額(住宅取得控除等の税額控除前額)が3万円以下の世帯に属する方、または入院見込み期間が26日以上(または、実績が26日以上)の方の入院治療に要する費用で、健康保険を適用して生ずる自己負担額が助成されます。ただし、食事療養基準負担額については自己負担となります。(生活保護法による保護を受けている世帯に属する方を除く) なお、事前申請が原則ですが、事前に必要書類が整わない場合等、退院後でも申請月を含む3か月以内の分までは事後に申請できます。 この場合は、「遅延理由書」を記載が必要になります。

検診・予防接種について

未然に病気を防ぐために、検診・予防接種も無償で受けられる。

乳幼児を対象とした健康診断や講習会を実施するのはもちろん、
定期予防接種も無償で受けることができます。

  • 子どもの健診(健康診査)・講習会
    江戸川区では、乳幼児期に以下のような健康診査や講習会を実施しています。 実施時期にあわせて、健診等のご案内をお送りしていますが、紛失や引越しによりお手元に江戸川区発行のものがない場合には、お近くの健康サポートセンターへお問い合わせください。
    子どもの健診(健康診査)・講習会
  • 予防接種
    予防接種の前に、冊子「予防接種と子どもの健康」をよく読み、お子さまの体調の良い時に接種医師とよく相談して接種を受けてください。 子どもの定期予防接種は法定年齢内に予防接種予診票と母子健康手帳を指定医療機関等の接種会場にご持参ください。無料で接種が受けられます。 法定年齢に該当する方で予防接種予診票をお持ちでない方(引越し・紛失等)には、お近くの健康サポートセンターで予防接種予診票を発行します。母子健康手帳をご持参ください。
    予防接種

子育て支援制度

地域が一体となって、子育てファミリーをトータルにサポート。

放課後にお子様をお預かりする「すくすくスクール」や、
宿泊を伴った一時預かりをおこなう「子どもショートステイ」など共働き家族に嬉しい支援も充実。

  • すくすくスクール
    小学校の放課後や学校休業日に、校庭・体育館などの施設を利用して、児童がのびのびと自由な活動ができる事業です。遊びや学び・集団生活・多くの人とのふれあいを通じて視野を広げ、年齢に応じた自立を目指します。
    ファミリー・サポート・センター
    子育てのお手伝いをしたいかた(協力会員)と、お手伝いを頼みたい方(依頼会員)がそれぞれファミリー・サポートの会の会員となり、地域で子育ての助け合いを行うものです。
  • 子育て安心パスポート
    家庭で乳幼児を育てている方に「子育て安心パスポート」を配布しています。区内在住で1~5歳(就学前)のお子さんがいるご家庭のみなさん、区立保育園が実施する様々な活動にどうぞご参加ください。
    子育て安心パスポート
    子どもショートステイ
    保護者の方が病気、出産、介護、冠婚葬祭、就労などの理由で一時的にお子さんを養育できないときに、宿泊を伴った一時預かりを行います。
  • 物件概要
  • 現地案内図
  • 資料請求
  • 来場予約
  • 物件概要
  • 現地案内図
  • 資料請求
  • 来場予約