旧前田侯爵邸(徒歩11分/約880m)鍋島松濤公園(徒歩4分/約290m)松濤の街並(徒歩5分/約400m)日本近代文学館(徒歩11分/約880m)

選ばれし高台。珠玉の邸宅地。

東京都心部にあって、高級住宅街の代名詞ともなった「松濤」。この地は、山の手に由来する高台立地なのである。しかも建物の建築基準が最も厳しい「第一種低層住居専用地域」。住まうための良好な環境が約束されている。渋谷区でもこの松濤をはじめ、上原や広尾など限定された地域のみ。まさに選ばれし高台なのである。

正統なる時を刻む、松濤の矜持。

かつてこの一帯は紀州徳川家の下屋敷で、旧佐賀藩主の鍋島家が所有。関東大震災を契機に土地分譲する際、土地の区割りを大きく制限したり、鍋島家の人脈を通じて分譲されたため、社会的地位の高い人々が集まった。今もなお、政財界や文化人など、時代牽引してきた多くの要人が邸を構えていることでも知られている。

簡易イラストマップ

文化発信基地として、期待高まる渋谷駅再開発事業。

2000年に「渋谷マークシティ」、2012年に「渋谷ヒカリエ」と大人の街へ変貌してきた渋谷駅周辺。その進化の槌音は止まらない。2020年東京オリンピックを目指して、いまJR東日本、東急電鉄、東京メトロの3社が事業主体となり、いま急ピッチで複数の駅前街区が進行中である。超高層ビル群が林立し、新たな文化情報の発信拠点として熱いまなざしが注がれている。

渋谷ヒカリエ(約1,540m/徒歩20分)
渋谷駅周辺再開発MAP

※掲載の簡易イラストマップはイメージです。記載の標高は「プロアトラスSV7」の標高地表示機能を基に算出したものです。計測地(上から)/富ヶ谷:渋谷区富ヶ谷二丁目「富ヶ谷」交差点付近、大山:渋谷区大山町「大山」交差点付近、上原:渋谷区上原一丁目付近、神山町:渋谷区神山町「神山町」交差点付近、ザ・エクセレントシティ松濤:渋谷区松濤二丁目1456番56付近、広尾:渋谷区広尾五丁目[広尾駅]付近、南平台:渋谷区南平台町一丁目「南平台」交差点付近、青葉台:渋谷区青葉台一丁目「青葉台1丁目」交差点付近、代官山:渋谷区代官山町[代官山駅]付近、恵比寿:渋谷区恵比寿四丁目[恵比寿駅]付近。※掲載の高台概念図はイメージイラストです。高低差は「プロアトラスSV7」の標高地表示機能を基に算出しています。標高計測地(左から)/代々木公園:渋谷区代々木神園町付近、ザ・エクセレントシティ松濤:渋谷区松濤二丁目1456番56付近、渋谷:[渋谷駅]渋谷区道玄坂一丁目付近、南平台:渋谷区南平台町一丁目「南平台」交差点付近、代官山:[代官山駅]渋谷区代官山町付近、恵比寿:[恵比寿駅]渋谷区恵比寿四丁目付近、広尾:[広尾駅]渋谷区広尾五丁目付近 ※掲載の情報は平成27年7月現在のものです。※掲載の環境写真は平成27年7月撮影に撮影したものです。※徒歩分数は80mを1分として算出しています。

  • 来場予約
  • 資料請求