アクセス | 【公式】エクセレントシティ本八幡Ⅱ|都営新宿線「本八幡」駅徒歩9分の新築分譲マンション。

メニューボタン 閉じるボタン

都心へ、始発列車に揺られて。

都心を横断し、新宿へ直結する始発列車が動き出す都営新宿線。
着席しての通勤・通学を叶えるこの路線をベースに、JR総武線、
さらには「京成八幡」駅から京成本線で羽田空港へもスマートなアクセスを実現。
始発が使える便利さ、心地よさを背景に、
3駅・3路線を使いこなすアクセスパワーが、日々の足取りを軽快にしてくれます。

JR総武線「本八幡」駅・都営新宿線「本八幡」駅より

「東 京」駅へ20

《通勤時23分》※JR総武線利用、「市川」駅よりJR総武線快速利用時

「神 保 町」駅へ21

《通勤時32分》※都営新宿線急行(通勤時は各駅停車)利用時

「秋 葉 原」駅へ21

《通勤時24分》※JR総武線利用時

「九 段 下」駅へ22

《通勤時32分》※都営新宿線急行利用(通勤時は各駅停車で直通)、「神保町」駅より都営新宿線各駅停車利用時

「大 手 町」駅へ24

《通勤時30分》※都営新宿線急行(通勤時は各駅停車)利用、「神保町」駅より東京メトロ半蔵門線急行(通勤時は「住吉」駅より東京メトロ半蔵門線急行)利用時

「上 野」駅へ24

《通勤時27分》※JR総武線利用、「秋葉原」駅よりJR京浜東北線快速(通勤時は各駅停車)利用時

「新 宿」駅へ29

《通勤時40分》※都営新宿線急行(通勤時は各駅停車)利用時

「新宿三丁目」駅へ29

《通勤時41分》※都営新宿線急行(通勤時は各駅停車で直通)利用、「神保町」駅より都営新宿線各駅停車利用時

混雑も穏やかで、始発利用が嬉しい都営新宿線

国土交通省が発表した「鉄道関係情報・データ」によると、都営新宿線の混雑率は151%と、比較的穏やかに。さらに始発駅となる「本八幡」駅なら、着席できる可能性も大。毎日のことだからこそ、低い混雑率と始発電車のアドバンテージは、大きなものになるはずです。

※所要時間は平日・日中平常時(通勤時)の目安で時間帯により異なります。乗換・待ち時間等は含まないほか、ダイヤ改正などにより変更になる場合があります。(2017年2月現在)
※統計データは2015年度のものです。※都営新宿線…「西大島」〜「住吉」間(AM7:40~8:40)、東急田園都市線…「池尻大橋」〜「渋谷」間(AM7:50~8:50)、小田急小田原線…「世田谷代田」〜「下北沢」間(AM7:46~8:48)、東京メトロ東西線…「木場」〜「門前仲町」間(AM7:50~8:50) ※出典…国土交通省ホームページ・混雑率データ〈http://www.mlit.go.jp/common/001139448.pdf〉